導入事例

Excel管理している見込客のデータを有効活用したい。

営業担当者たちが顧客接点を営業支援システム(SFA)で管理しているのを横目で見ながら、マーケティング担当者は相変わらず、集めた見込み客のデータをせっせとExcelに入力しています。
そろそろマーケティングメンバーにも、管理支援ツールが必要ではありませんか。

mabotなら、マーケティング担当者のお悩みを解決します。

  • Excelで共有しているため、管理が煩雑になっている…。

    Excelで管理していたリストもmabotで簡単に共有可能。
    すべてのマーケティング活動をmabotへ。名寄せし一元管理が可能に。

  • データの紛失、消失、上書きなどのリスクが常にある…。

    様々な検索でいま必要なリードも簡単に見つかる。
    これからは、様々な検索条件で見込み客リストを簡単に抽出可能です。

  • 過去のリストの名寄せができていないため、活用できていない。

    活動毎のリスト管理から
    リード毎の管理へ
    リード毎に活動履歴が紐づきどこから来て、いまどこにいるのかが分かる。

mabotが詳しく分かるカタログを
無料でダウンロードいただけます。

長期化するBtoBマーケティングの活動を支援する
mabotについて詳しくご紹介いたします。

資料をダウンロードする

ページトップへ戻る