mabotにできること

03

企業情報の自動取得

17万社の企業情報を活かし、
見込み客リストを整備・強化

見込み客リストを作成する際、集めた名刺の氏名と社名、肩書きを入力するだけで終わってはいませんか。ここで、マーケティングの基本であるSTP(セグメンテーション、ターゲティング、ポジショニング)を忘れてはなりません。リストに並ぶ見込み客は、本当に自社の顧客となる可能性があるのか?リストのクレンジングとスクリーニング(ふるい分け)を行うことが大切です。

企業情報の自動取得機能を備えたmabotは、見込み客に紐付く情報をさらに充実させ、リストの整備と強化に大きく貢献します。

見込み客リストを整備・強化
  • 17万社の情報を取得
    17万社もの企業について、業種や規模などの情報を自動取得。
    リストのデータクレンジングを容易に。

  • 企業属性を活かした選別
    エリア、業種、売上、従業員数などの企業属性にスコアを設定。
    攻めるべき見込み客を浮き彫りに。

  • 特定の属性にアプローチ
    狙った企業属性の見込み客だけに絞り込んで施策を実施。
    一斉メール配信もスムーズ。

mabotが詳しく分かるカタログを
無料でダウンロードいただけます。

長期化するBtoBマーケティングの活動を支援する
mabotについて詳しくご紹介いたします。

資料をダウンロードする

ページトップへ戻る